命名についての決まりごと(法律)

子どもに名前を付ける場合は、まず法律上のルールを守らなければなりませんが、常識的な考えがあればそれほど気にする必要はないでしょう。使える文字については、常用漢字と人名用漢字を合わせた3121字の漢字と、ひらがな・カタカナに限られています。しかし名前の読み方や、文字数の長さには制限がなく、自由に決めることができます。読み方については、極端な例で言うと「太郎」を「はなこ」と読ませることも可能だということです。また、出生届については、出生日を含めた14日以内が期日となっています。ただし期日である14日目が、休日、または連休だった場合は、その日数分だけ期日が延長されます。

klasdjflasdklfklsj.com